豊胸材料 | バストアップ

豊胸材料について

約10年前までは、豊胸術で使用される材料は、流動性のシリコンが入ったシリコンバッグが、世界で使用されていました。

しかしその後、体内にシリコンが漏れ出て健康面に悪い影響を与えるということを指摘され、使用を一時中止という状態になりました。

 

そして、シリコンバッグに代わるものとして、生理的食塩水の入ったバッグが使用されるようになりました。

これは、内容物が漏れたとしても副作用が軽い、という安全面を重視して開発されました。

ところが、触り心地や見た目の形状が少し不自然であったり、中の生理的食塩水が漏れやすかったりすることが、問題になっていました。

 

そこで、より自然な感触のものにしようと、新しい材料でつくられたハイドロジェルが開発されました。

しかし、欧米では、安全面に問題があるということで、このハイドロジェルは禁止になっているようです。

また、生理的食塩水のバッグと比較すると、切開の傷口が多少大きいようです。

 

しかし、生理食塩水バッグもハイドロジェルバッグも、どうしてもシリコンの感触の良さには負けてしまい、やはりシリコンを使用したい、という意見が多数あったようです。

そして、その願いを叶えるためにコヒーシブシリコンバッグが開発されました。

このコヒーシブシリコンバッグは、組織に非常に浸透しにくいので、体に漏れ出て浸透してしまう心配がありません。

現在、もっとも人気があり、コヒーシブシリコンバッグを希望する人がとても急増しているようです。