バストアップ〜コヒーシブシリコン

バストアップの方法とコヒーシブシリコン

近年、バストアップを実現する方法として豊胸手術を選ぶ女性が増えています。
最近では雑誌などで豊胸手術を扱う美容外科の広告をよく見かけるようになりました。

豊胸手術といえば以前は大掛かりなもので、傷跡や失敗の危険性も高く、手軽に受けられるものではありませんでした。
しかし、近年技術はめざましく進歩し、手術は数時間で終わり、安全で、しかも人間のバストに近い仕上がりが可能になりました。

豊胸手術には脂肪注入法とバッグ挿入法がありますが、コヒーシブシリコンなどのバッグ挿入法は大幅なバストアップを求める人に人気がある方法です。

コヒーシブとは「硬く結合した」「拡散しない」という意味があり、シリコンバッグの一つです。

1992年頃、豊胸手術の主流として使われていたシリコンバッグは、一時安全性が危ぶまれ、米国食品医薬品局によって使用が禁止されました。
しかし現在では安全が確認され、再び多くの医師に使用されるようになりました。

シリコンを利用したバッグにコヒーシブの他に液状タイプがあります。

液状タイプは以前からあるタイプで、万が一バッグが破れた時には体内へ漏れて炎症を起こす恐れがありました。
そこで液状タイプの短所を改良し、コヒーシブシリコンができました。
コヒーシブはバッグが破損してもシリコンが漏れない構造になっており安全です。

感触はジェル系や生理食塩水バッグに比べると硬いため、ソフトコヒーシブという柔らかい種類も開発されています。
自然に近いバストの形を作り出すことができるコヒーシブシリコンで多く人がバストアップを実現しています。

豊胸手術について関連エントリー