バストアップ〜生理食塩水バッグ

バストアップの方法と生理食塩水バッグ

豊かなバストは女性の憧れです。
最近は特に女性のファッションはバストの大きさが強調されるスタイルが増え、バストアップを望む女性も増えています。

数あるバストアップの方法の中で最も確実で即効性のあるものとして、豊胸手術が近年普及しています。
技術や安全性も昔に比べて飛躍的に進歩し、今では誰もが手軽に受けられるものになりました。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法がありますが、2〜3カップ以上のバストアップを求める人にはバック挿入法が適しています。

バッグ挿入法で使用されるバッグの一つに生理食塩水バッグがあります。
生理食塩水バッグとは血液と同じ浸透圧に調整された代用血液をバッグに入れたものです。
生理食塩水は点滴や麻酔液など医療用として広く使われているもので体に無害な成分です。

生理食塩水バッグは他のバッグに比べて中身がバッグから漏れ出す危険性が高いと言われます。
それはバッグに後から中身を入れるためバルブがついており、そのバルブから漏れることが考えられるためです。
万が一バッグが破れて漏れ出しても、速やかに体内へ吸収され尿として排出され、がんや自己免疫の異常を起こす心配はありません。

ただし、感触はジェル系のバッグと比較すると少し硬めで自然さに欠けます。
特にバストが小さい人が生理食塩水バッグを入れる固く感じることがあるようです。

バッグ自体の寿命は10年から15年ほどと言われ、他のバッグに比べて短いこともデメリットとしてあげられます。

しかし現在でも安全面で優れている生理食塩水バッグは人気があり、多くの人が生理食塩水バッグを使用してバストアップを実現しています。

豊胸手術について関連エントリー