バストアップ〜脂肪注入法

脂肪注入法

近年、豊胸手術の技術が進歩し、安全性が高まったことなどから、気軽に豊胸手術を受ける女性が増えています。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法がありますが、自分の脂肪を使って自然なバストアップを希望する人には脂肪注入法が適しています。

脂肪注入法】とはヒップや太ももなどの余っている脂肪を吸引し、バストに注入する方法です。

この方法のメリットは、不要な脂肪を落とし、同時にバストアップするという一石二鳥の効果が得られるということです。また、豊胸バッグなどの人工物ではなく、自分の脂肪を利用するため拒否反応がでる心配はありません。

また、脂肪は注射器で注入されるさめ、体に傷跡を残さない点も魅力のひとつです。

豊胸バッグを体内に入れることに抵抗のある人や、ボディラインを整えたい人には最適な方法だといえます。

ただし、注入する脂肪の量には限度があり、1カップから2カップのサイズアップは可能ですが、それ以上の飛躍的なバストアップを目指す人には向いていません。また、注入した脂肪が全てバストになるのではなく、バストに定着する脂肪は平均すると50%から70%と言われ、医師の技術や個人の体質により異なってきます。

脂肪の少ない痩せ方の人やもともと乳腺が殆どない人、或いは貧血気味の人などは、手術が受けられない場合もあります。

最近の美容外科では豊胸手術の技術開発や改良に競って取り組んでいて、新しい手術方法や独自の手術方法を次々に生み出しています。

こうしたことから、患者となろうとする方はそれらの宣伝や情報に惑わされず、信頼のできる医師としっかりカウンセリングをした上で、自分に合った方法を選ぶことが大切です。迷いや疑問が生じた場合には、納得のいく情報を得るまで手術を慎む勇気も必要です。

豊胸手術について関連エントリー