バストアップ〜ラウンドブロック法

バストアップの方法とラウンドブロック法

豊かなバストはいくつになっても女性の憧れです。
現代では豊かなバストを手に入れるために、豊胸手術を求める女性が増えています。
豊胸手術は数あるバストアップの方法の中でも、最も確実で即効性のある方法です。
最近では雑誌などで豊胸手術を扱う美容外科の広告をよく見かけるようになりました。

豊胸手術といえば以前は大掛かりなもので、手術後の傷跡も心配されました。
しかし、近年美容医学の技術はめざましく進歩し、安全で、完成度の高いバストアップが可能になっています。

そしてラウンドブロック法も、近年の技術の進歩によって開発された方法の一つです。

ラウンドブロック法は乳輪の周りを切開する方法で、傷が小さく目立ちにくく、世界最小の切開と呼ばれている手術の方法です。

出産や授乳、加齢によるバストの下垂が軽度な場合に有効な方法で、乳輪のまわりだけを切開し、吊り上げることによってバストに張を持たせることができます。

またバストアップとは逆に、大きすぎるバストを小さくする手術では、これまでバストに大きなT字の傷跡が残っていました。
このラウンドブロック法により、ほとんど傷跡を残さない手術が可能になりました。

しかし下垂が重度の場合にはラウンドブロック法は適さず、マストペクシーという方法がとられるのが一般的です。

現在でも美容医学は日々研究、開発が進められており、豊胸手術はますます手軽な方法になると思われます。
女性の美容のために、今後さらに安全で新しい技術が開発されることが期待されます。

豊胸手術について関連エントリー