バストアップ〜バスト挙上術

バスト挙上術

豊かなバストはいくつになっても女性の憧れです。
現代の女性のファッションはバストの強調されるスタイルが増え、多くの女性にとってバストアップは重要な問題になりました。

そのような時代の中、近年豊胸手術を求める女性が増加しています。
豊胸手術は数あるバストアップの方法の中でも、最も確実で即効性のある方法です。
最近では雑誌などで豊胸手術を扱う美容外科の広告をよく見かけます。

豊胸手術といえば以前は大掛かりなもので、手術後の傷跡も心配されました。
しかし、近年美容医学の技術はめざましく進歩し、安全で、完成度の高いバストアップが可能になっています。

豊かなバストは女性の憧れですが、大きすぎるバストは乳房の重みによって肩凝りを起こします。
また下垂したバストによって下縁部が慢性皮膚炎を起こすこともあり、本人にとっては深刻な悩みです。

豊胸手術の一つにバスト挙上術があります。
これはマストペクシーとも言われ、バッグなどの人口乳腺を使用せず、乳房を吊り上げて形を整える方法です。

具体的には乳房の周囲を丸く切開し、乳房の脂肪と余分な皮膚のたるみを取り除き、形を整えながら持ち上げて縫合します。
最近では乳輪周辺のみの切開で、より傷跡が目立ちにくい手術が可能になっています。

極端なダイエットや授乳によってバストがしぼんでしまった人、加齢によりバストの皮膚や筋肉が下垂している人に適した方法で、大きすぎるバストを小さくすることも可能です。

現在多くの美容外科でバスト挙上術を行っていますが、美容外科によって様々な術式があるため、事前によく調べ、自分の希望にあった美容外科を選ぶことが大切です。

豊胸手術について関連エントリー