バストアップ〜豊胸手術について

豊胸手術について

現代、女性のファッションはスタイルが強調されるものが増え、テレビや雑誌ではバストの大きな女性タレントが持てはやされる時代になりました。

女性は豊かなバストに憧れ、バストにコンプレックスを持つ女性も少なくありません。

 

バストアップする方法は数多くありますが、豊胸手術もその一つです。

 

かつて豊胸手術といえば胸を切開するおおがかりな手術をイメージし、安全面でも不安な要素が多くありました。

近年では豊胸手術の技術は進歩し、日帰り手術で傷もほとんど残らず、安全な手術が可能になっています。

 

豊胸手術にはいくつかの種類がありますが、大きく分けるとバッグ挿入法と、脂肪注入法があります。

 

バッグ挿入法とは、バッグといわれる人口乳腺をバストに挿入する方法です。

バッグは生理食塩水バッグ、シリコンジェルバッグ、ハイドロジェルバッグなど近年種類も増えています。

それぞれ感触や耐久性、仕上がりに特徴があり、安全性も異なります。

 

脂肪注入法はお腹や太ももなどバスト以外の脂肪を吸引し、バストに注入する方法です。

自分の不要な脂肪を使って豊胸できるということで一時注目を集めました。

しかし注入できる脂肪の量が限られ、注入した脂肪のすべてがバストになるのではなく、個人差もあり、大幅なバストアップには向いていません。

 

豊胸手術はバストアップの方法として確実であり、即効性のある方法ですが、いずれの手術も仕上がりが本人の希望に沿わない場合があるようです。

 

手術前のカウンセリングを十分に行い、手術のリスクや術後のケアまで視野に入れ、慎重に手術を考えることが大切です。

プチ豊胸手術

豊胸手術には、手軽にバストアップを実現するプチ豊胸手術があります。

 

この手術は、次のような方におすすめです。

  • バストアップしたいけど、手術するのは抵抗があるという方
  • 入院せずに気軽にバストアップを実現したいという方
  • 左右の胸の差をなくしたいという方
  • 出産と授乳によって、貧弱な胸になってしまった方
  • 水着になる自信がない方
  • 旅行や温泉へ出発する前にバストアップして行きたいという方

これらの悩みをもった方々です。

 

プチ豊胸手術には、胸にSUB-Qというヒアルロン酸を注入することで、バストアップを実現します。SUB-Qとは、人体の細胞や皮膚に存在しているムコ多糖類の一種です。ほとんどアレルギーを起こす心配もなく、体に安全なものといわれています。また、SUB-Qを注入してからすぐに バストアップを実現することが可能です。

 

このSUB-Qは、従来のヒアルロン酸に比べて、約10倍大きい粒子を持っています。

そのために、体内へ吸収される時間が遅く、バストアップ効果が減ってくるのが約3年前後とされています。

だから、それまでのヒアルロン酸よりも、効果をかなり長持ちさせることができるといわれています。

SUB-Qの治療は10?20分で終わり、メスを使わず注射だけなので、傷跡が残る心配はいりません。

また、局所麻酔だけで痛みを心配することもなく、治療後はすぐに帰ることができます。

数ヶ月少しずつ時間をかけて、バストアップしていくこともできます。

左右の大きさを自由に調整することも可能で、希望するバストの部分をデザインすることもできます。

様々な手術法

胸は女性の象徴です。それだからこそ、多くの女性が胸に関するさまざまな悩みを抱えています。

 

胸をもっと大きくしたい、きれいな形に整えたい、陥没している乳首を治したいなど、女性ならば胸のことで悩んだ経験あると思います。

 

今では、美容外科に行けば、そんな悩みも解消してくれます。

でも、どんな方法で手術が行なわれるのかなど、いくつか不安があると思います。

そこで、豊胸手術だけでも、さまざまな手術方法があるので、簡単に説明しようと思います。

 

肌を切らないで短期間で胸を大きくしたい人や、誰にも気づかれないように、人工物を体の中に入れたくないという人に、おすすめなのがヒアルロン酸注入法です。

この方法は、とても体に安全で違和感もなく、アレルギーを起こす心配もありません。

個人差はありますが、一回注射すると効果が1〜2年程度持続し、サイズは約1〜2カップ大きくなります。

入院や通院することもなく、10分程度の治療で終わります。

手術が怖い方にとって、最適な豊胸方法だと思います。

 

自然な胸の形にしたい人や、 バストアップを持続させたい人や、出産や授乳によって垂れてしまった胸が気になる人には、人工乳腺法が向いています。

この方法は、人体に安全なさまざまなタイプのバッグを胸元に挿入することで、バストアップを実現します。

できる限り自然なバストのラインにするために、挿入するバッグの種類や元の胸の大きさによって、それに最も適した手術方法を選びます。

 

それぞれの方法に、長所短所があると思うので、自分の目的に適したものを選択してください。

豊胸手術について関連エントリー

豊胸手術の注意点
豊胸手術についての注意点についてご紹介
脂肪注入法
サプリメント、ブラジャー、運動器具、ジェル・クリーム、方法など、バストアップに効果的な商品や方法を厳選して紹介するほか、バストに関する豆知識なども掲載しています。
シリコンジェルバッグ
サプリメント、ブラジャー、運動器具、ジェル・クリーム、方法など、バストアップに効果的な商品や方法を厳選して紹介するほか、バストに関する豆知識なども掲載しています。
コヒーシブシリコン
コヒーシブシリコンのバッグ挿入法をご紹介
バッグ挿入位置
バッグ挿入時の位置などについてご紹介
バッグ挿入法
サプリメント、ブラジャー、運動器具、ジェル・クリーム、方法など、バストアップに効果的な商品や方法を厳選して紹介するほか、バストに関する豆知識なども掲載しています。
生理食塩水バッグ
サプリメント、ブラジャー、運動器具、ジェル・クリーム、方法など、バストアップに効果的な商品や方法を厳選して紹介するほか、バストに関する豆知識なども掲載しています。
クリスタルバッグ
豊胸手術のクリスタルバッグ挿入法をご紹介
CMCバッグ
CMCバッグについてのご紹介
バスト挙上術
サプリメント、ブラジャー、運動器具、ジェル・クリーム、方法など、バストアップに効果的な商品や方法を厳選して紹介するほか、バストに関する豆知識なども掲載しています。
ヒアルロン酸注入
豊胸手術のヒアルロンさん注入法についてのご紹介
ラウンドブロック法
豊胸手術のラウンドブロック法についてのご紹介