バストアップ〜ヒアルロン酸注入

バストアップの方法とヒアルロン酸注入

さまざまなバストアップの方法の中で、最も確実で即効性のある方法は豊胸手術です。

近年では豊胸手術の技術はめざましい進歩を遂げ、安全で完成度の高いバストアップが可能になりました。

豊胸手術の中で最も一般的な方法はバストに人口乳腺を入れる方法ですが、最近ではヒアルロンサン注入によってバストアップする方法が人気を集めています。

かつて豊胸手術といえば手術後の傷跡が心配されました。
女性にとって体に傷跡が残ることは重要な問題で、手術は容易に受けられるものではありませんでした。

しかし、近年の豊胸手術の進歩により、傷跡をほとんど残さない方法が開発されています。

ヒアルロンサン注入もその一つで、この方法では注射器によってヒアルロン酸を注入するため、メスを使わず、体に傷跡を全く残さない画期的な豊胸手術です。

ヒアルロン酸はもともと体内で生成している成分で、化粧品などにも含まれる安全なものです。
手術は短時間で終わり、手術直後から普段の生活が送れます。
また他の豊胸手術のなかでも価格が安いのも人気の理由です。

ヒアルロンサン注入方法は、希望のバストの大きさや形からヒアルロン酸の種類や注入量、注入する部分を決めるため、希望通りのバストを作ることが可能です。

しかしヒアルロン酸は体内にある成分であり、体内への吸収が早いという特徴があります。
個人差がありますが、長くても2年から3年で注入したヒアルロン酸は体内に吸収され、バストは元の大きさに戻ります。
したがってヒアルロン酸注入法によって大きなバストを維持するためには断続的に注入する必要があり、多大な費用がかかることが難点です。

ヒアルロン酸注入法

胸は女性の象徴です。 それだからこそ、多くの女性が胸に関するさまざまな悩みを抱えています。 胸をもっと大きくしたい、きれいな形に整えたい、陥没している乳首を治したいなど、女性ならば胸のことで悩んだ経験あると思います。 今では、美容外科に行けば、そんな悩みも解消してくれます。 でも、どんな方法で手術が行なわれるのかなど、いくつか不安があると思います。 そこで、豊胸手術だけでも、さまざまな手術方法があるので、簡単に説明しようと思います。 肌を切らないで短期間で胸を大きくしたい人や、誰にも気づかれないように、人工物を体の中に入れたくないという人に、おすすめなのがヒアルロン酸注入法です。 この方法は、とても体に安全で違和感もなく、アレルギーを起こす心配もありません。 個人差はありますが、一回注射すると効果が1?2年程度持続し、サイズは約1?2カップ大きくなります。 入院や通院することもなく、10分程度の治療で終わります。 手術が怖い方にとって、最適な豊胸方法だと思います。 自然な胸の形にしたい人や、 バストアップを持続させたい人や、出産や授乳によって垂れてしまった胸が気になる人には、人工乳腺法が向いています。 この方法は、人体に安全なさまざまなタイプのバッグを胸元に挿入することで、バストアップを実現します。 できる限り自然なバストのラインにするために、挿入するバッグの種類や元の胸の大きさによって、それに最も適した手術方法を選びます。 それぞれの方法に、長所短所があると思うので、自分の目的に適したものを選択してください。

豊胸手術について関連エントリー