バストアップ〜CMCバッグ

バストアップの方法とCMCバッグ

近年、バストアップを望む女性が増えています。
そしてバストアップの方法の一つ、豊胸手術が、最も確実で即効性のある方法として現在広く普及しています。
技術や安全性の進歩にともない、現在豊胸手術は誰もが手軽に受けられるものになりました。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法があります。
脂肪の少ない人や、2〜3カップ以上のバストアップを求める人にはバック挿入法が適しています。

近年の豊胸バッグの研究、開発はめざましく、見た目や感触が人間のバストとほとんど変わらないものもあります。

さまざまバッグの中で、現在人気のあるバッグがハイドロジェルバッグの一つ、CMCバッグです。

素材の感触がとても柔らかく、なめらかに動き、人間の乳腺組織に極めて近い質感を備えているものです。
手術を受ける前のカウンセリングで、CMCバッグを触ったほとんどの人がこのバッグを選ぶというほどです。

このCMCバッグはカルボキシル・メチルセルロースの略で、口内スプレーや目の洗浄剤など医薬品の原料にも使われています。
また食品添加物にも含まれている人体に無害な天然水溶性物質です。

CMCバッグは万が一、バッグが破れて体内へ漏れても尿とともに対外へ排出されます。
またシリコンバッグはレントゲンに濃く写りますが、CMCバッグはレントゲン透過素材であるためレントゲンやCT、MRIにも写りません。

しかし日本の美容外科で多く使用されているCMCバッグですが、世界的にはハイドロジェルバッグ自体の危険性が指摘されており、イギリスでは使用が禁止されています。
手術を受ける際には、医師と十分相談をし、リスクも視野に入れた上で納得のいくバッグを選択すること大切です。

豊胸手術について関連エントリー