バストアップ

豊胸手術の注意点

現在では、積極的に豊胸治療が行われるようになっていますが、これまでの豊胸治療の歴史においては、副作用や合併症の連続だったようです。

女性の乳房というのは、体の中でも特殊な部分とされるので、そう簡単に再現するのは難しいということです。

 

豊胸手術を成功させるためには、仕上がったバストの大きさや形状、柔軟性とともに、安全性の継続が求められるのです。

長年にわたる試行錯誤の結果、現在の豊胸術に至るわけですが、それでもまだ100%完璧な手術とは言えないようです。

 

それでは、豊胸手術における問題点や注意点とは、どのようなことでしょうか。

一つは、左右のバストの大きさや形状などを、完璧に患者の理想とするものに仕上げることが難しいことです。

患者が要求するものがあまりに多いと、手術後に後悔する可能性があるということです。

 

また、人工乳腺法による豊胸手術では、体内に豊胸バッグという異物を入れるので、硬直する可能性があります。

ただ、現在使用されている豊胸バッグでは、指示されたマッサージなどのアフターケアを行なうことで、ほとんどの場合が解決できるようです。

 

そのほかの問題点・注意点としては、切開した部分の傷跡が残ってしまうこと、成長期の豊胸手術は避けたほうが良いこと、わずかながら授乳する際に障害が起きる可能性があること、などが挙げられます。

また、手術をする医師の問題点ですが、感染症や合併症などの発症に対しても注意しなければいけません。

豊胸手術の後遺症

後遺症というものは、豊胸手術に限ることではなく、どのような手術においてもその可能性はあるものです。

それでは、豊胸手術の場合は、どのような後遺症が起こるのでしょうか。

豊胸手術の中で、脂肪注入法による豊胸術の後遺症を取り上げてみます。

 

この脂肪注入法による豊胸手術は、自分の脂肪を使用するために、アレルギーを起こすなどの拒否反応という面では、豊胸後遺症はほとんどありません。

また、注入する際に注射器を使うため、感染症などの豊胸後遺症はごくわずかなようです。

 

それでは、脂肪注入法による手術の豊胸後遺症とは、どのようなものなのでしょう。

この方法では、脂肪が生着する量が非常に少ないということが、後遺症の原因となるのです。

生着することができなかった脂肪は、通常は溶けてしまい排出されますが、排出がうまく行われない場合もあるのです。

その場合に、カルシウムが沈着したことで、しこりができてしまうような、豊胸後遺症が起こることになるのです。

また、豊胸の術後に、繊維化という組織が硬くなることが起きた場合には、後遺症として、乳がんと区別するのが困難になることもあります。

 

しかし、その他の豊胸手術による豊胸後遺症は、以前に比べてかなり少なくなっています。

以前の豊胸術では、ワセリンやシリコンなどが多く使用されていましたが、その頃には、本当に豊胸後遺症が多く報告され問題になっていました。

ただ、豊胸後遺症はまったくなくなったわけではありません。

できるだけ豊胸後遺症を防ぐには、医師によるカウンセリングを豊胸術前にきちんと受け、自分に適した豊胸術を選び、術後のケアなどもしっかりと行うことがとても大切なのです。

豊胸術後について

豊胸手術を終えて、憧れのバストを手に入れた後にも、注意する点やケアの仕方などを知っておく必要があります。

 

豊胸バッグを挿入する豊胸手術を受けた後は、豊胸術後マッサージをしっかりと行わないといけません。

体の中に、豊胸バッグという異物を挿入したことで、自然に起こる反応として、豊胸バッグの周りには被膜ができます。

これは豊胸バッグを異物であると体が察知し、その異物から体を守ろうとするためです。

 

手術後の体は、豊胸バッグの周りに被膜を作って、異物を小さくしようと締め付ける働きがみられます。

だから、皮膜が豊胸バッグの周りにできたままの状態にしておくと、だんだん締め付けられ、豊胸バッグが堅くなってしまいます。

そのため、胸が手術後に硬くなる場合があるのです。

さらに放っておくと、最悪の場合、豊胸バッグが破壊されることもあります。

 

このようなことから、豊胸術後には、マッサージをしっかり行わないといけないのです。

きちんとマッサージを行うことで、被膜の豊胸バッグへの密着を緩め、豊胸バッグを保護することができるのです。

 

そのほかの注意点として、豊胸術後の1週間程度は入浴を控えてください。

シャワーくらいなら、5日後くらいから大丈夫です。

また、喫煙や飲酒は、手術後の1?2ケ月くらいは控えてください。

傷跡の治り具合に非常に影響してきます。

ブラジャーを着用するのも、控えた方がよいです。

 

あとは、しっかりと医師の指示に従うことが大切です。

そして、せっかく手に入れた美しいバストなので、大切に保ってあげてください。

豊胸手術について関連エントリー