バストアップ〜バッグ挿入位置

バッグ挿入位置

近年、豊胸手術はめざましい技術の進歩により、安全性や完成度の高いバストアップが可能になりました。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法があります。
脂肪の少ない人や、2~3カップ以上の大幅なバストアップを求める人にはバック挿入法が適しています。

バッグ挿入法とはバッグと呼ばれる人口乳腺をバストへ挿入する方法です。
現在バッグにはさまざまな種類がありますが、代表的なものに生理食塩水バッグ、シリコンバッグ、CMCバッグなどがあります。

そしてバッグを挿入する位置にも2種類あります。

一つは乳腺下法で乳腺の下、大胸筋の上にバッグを挿入する方法です。
これはもともとバストの大きい人がさらにバストアップしたい場合や、形を整えたい場合に適しています。
また出産や授乳によってバストがしぼみ、下垂してしまった人のバストアップにも適しています。
この方法は挿入位置が皮膚に近いため、バッグの感触や形が出やすい特徴があります。
しかし、痩せてバストの脂肪が少なくなるとバッグと地肌の不自然な段差ができるため注意が必要です。

大胸筋下法は大胸筋下に直接バッグを挿入する方法で、バストの脂肪や乳腺の薄い人に適しています。
筋肉の下にバッグを挿入するため手術に痛みを伴い、手触りは乳腺下方と比べてやや硬くなります。
挿入位置が皮膚から遠いため、バストの脂肪が少なくなっても乳腺下法のような不自然さは出ません。

バッグの挿入位置はバストアップの仕上がりを左右する重要な問題です。
個人の希望や体質を踏まえて、医師と十分カウンセリングを行ったうえで決定することが大切です。

大胸筋下法

豊胸手術の人工乳腺法のうち大胸筋下法とは、肋骨と大胸筋の間に豊胸バッグを挿入するという方法です。
肋骨の上、大胸筋の下にバッグを入れる形になります。

豊胸手術をこの大胸筋下法で行った場合、そのメリットは、脇の下などの隠れる部分を切開して、そこからバッグを挿入するので、傷跡がほとんど目立ちません。
また、バッグを大胸筋の下に入れるので、バッグそのものの形が出にくく、見た目はとても自然に仕上がります。

この人工乳腺法に適している人は、乳腺があまり発達していないため、乳腺が少ない人だそうです。
つまり、胸のボリュームがほとんどない人です。
また、やせている人であっても、どのような体型の人であっても、適しているようです。

逆にこの方法が適さない人は、スポーツなどによって、大胸筋が鍛えられているような人です。
手術後に仕上がった胸の感触が、このような人の場合、硬くなってしまうのです。

大胸筋下法を行った場合のデメリットとしては、大胸筋によって豊胸バッグがつぶされてしまうことがあります。
また、手術後行なうマッサージがかなり痛かったり、乳腺下法に比べ、手術後にかなり痛みを感じたりすることがあります。
胸を触った感じは、筋肉を触っているようで少し硬く感じます。
乳腺を傷つけてしまうことはないですが、そのために高度な技術を要します。
これらのことが、大胸筋下法のデメリットと言えます。
よく医師と相談して、自分に適した手術方法を選択してください。

乳腺下法

豊胸手術の人工乳腺法には、乳腺下法と大胸筋下法があります。 そのうち乳腺下法は、豊胸バッグを大胸筋と乳腺の間に挿入する方法です。 つまり、大胸筋の上、乳腺の下にバッグが入るということになります。 この手術で切開する部分は、乳房の下になるので、ほとんど見えず分かりにくいです。 また、乳腺の下にバッグを入れるという方法なので、乳腺を傷つけることはありません。 そのため、授乳するような場合でも問題ありません。 それに、手術後の仕上がりも、とても自然な胸の状態になります。 さらに、この乳腺下法だと、切開した部分の回復も早いので、身体への負担は少ないです。 しかし、乳腺下法にはデメリットもあります。 手術経験の少ない医師によって、乳腺を傷つけられてしまう場合があるので、これから出産する予定がある人は、注意をした方が良いでしょう。 この方法だと、豊胸バッグの上には、乳腺があるだけの状態ということになります。 だから、触ると豊胸バッグの感触だということが、分かってしまうことがあります。 また、バストが硬くなる被膜硬縮を起こしてしまうと、乳房の表面にその硬縮した形が出やすいこともマイナスの部分です。 また、カプセル拘縮を起こしやすいそうです。 カプセルとは、バッグの周りに形成されている被膜のことです。 このカプセルが厚くなって硬くなることで、乳房が変形したり硬くなったりすることがあるのです。 このことをカプセル拘縮というのです。

豊胸手術について関連エントリー