人工乳房の種類と危険性 | バストアップ

人工乳房の種類

豊胸手術で使用される人工乳房の種類はさまざまあります。

その性質をそれぞれ紹介します。

 

「シリコンバッグ」は、世界的に見ても最も古くから、豊胸手術で利用されています。

シリコンバッグの中には、シリコンジェルという液状のものが入っています。

とても柔らかくて自然な感触なのですが、バッグが破損した場合、体内に内容物が漏れ出してしまう危険性があります。

そのため、アメリカの厚生省にあたるFDAは、1992年にシリコンバッグの使用中止を要請しました。

しかし、自己免疫疾患や乳がんなど、心配されていた因果関係は否定されて、現在でもヨーロッパでは、頻繁に使用されているようです。

 

シリコンバッグを改良したのが、「コピーシブシリコンバッグ」です。

コヒーシブシリコンとは、液漏れしないグミのようなシリコンです。

以前は、あまり柔軟性がなく問題となっていたようですが、今では改良されて非常に柔らかいものになりました。

現在では、最も多く利用されているようです。

 

「生理食塩水」が入ったバッグも利用されています。

生理食塩水の長所としては、万一、漏れ出してしまっても、深刻となる副作用が出にくくなり安全だということです。

また、バッグを挿入するための切開が小さくて、傷が目立ちません。

胸の大きさをできるだけ調整できることも、利点のひとつです。

ただし短所もあります。

形状が不安定になったり、飛行機などで気圧が低くなると膨らんでしまったりする場合があります。

 

CMC(カルボキシメチルセルロース)バッグは、触った感触がもっとも本物の乳房に近いようです。

ところが、フランスやアメリカのFDAで、その内容物が漏れ出た場合の副作用について問題視されていて、明確には安全性を認められていないようです。

人工乳房の危険性

人工乳房とは、乳がんなどの病気で乳房を失ってしまった方が、乳房を再び手に入れるために使用されるものです。

しかし、完全に安全なものとは言えません。

それでは、どんな危険性があるのでしょう。

 

体の中に人工乳房を入れると、それを異物と認識するので、カプセル拘縮を起こしやすくなります。

最新のバッグは、安全になってきたといわれますが、カプセル拘縮の可能性が低いだけで、100%大丈夫というわけではありません。

だから、どんなに安全なバッグを挿入したとしても、カプセル拘縮が起きるかもしれないことを忘れないでください。

 

カプセル拘縮を起こしてしまったら、乳房が硬くなって不自然な形になります。

また、痛みを伴うような場合は、再手術をしなければいけないことがあります。

この再手術では、人工乳房と一緒に硬縮してしまった部分を取り去るか、別のバッグと取り替えるか、という方法になります。

 

それでは、人工乳房はどれくらいの耐久性があるのでしょう。

外層が薄い人工乳房は、破損しやすく破れることがあります。

1990年初め頃からイギリスで使用されているものは、破れにくいといわれますが、実際のところ、破損する確率がどれくらいか、ということは明確には分かりません。

破れてしまった場合でも、シリコンジェル人工乳房のほとんどが、シリコンジェルと一緒に体内から取り除くことができます。

ところが、シリコンが外に漏れて広がってしまった場合、シリコノマスという塊ができることがあります。

そのような場合は、局部に激しい痛みを感じます。

だから、激しい痛みを感じたら、すぐに医師に相談してください。